「たく河原町整体院 若林区本院」で本当に健康なお身体へ

四十肩・五十肩を仙台の整体院が徹底解説!

27060732_s

四十肩で肩が挙がらない、痛くて服が着れない、髪を洗うのが辛いなど様々なところで日常生活に影響をきたします。肩が挙がらないのはこれほどまでに不便なのか・・・と気づかせられることも多々あるのではないでしょうか?四十肩・五十肩の正式名称は肩関節周囲炎といい、炎症症状からスタートするのが特徴です。四十肩・五十肩を仙台の若林区河原町駅から徒歩1分のたく河原町整体院・若林区本院が解説します!どこに行っても良くならないとお悩みの方にはぜひ本記事を見ていただければと思います!

本記事の読み方

1.徹底的に五十肩を理解したい方は最初からお読み下さい。

2.すべて読んだ後に頭の中を整理したい方はPOINT解説をお読み下さい。

3.簡潔に理解したいという方はPOINT解説のみお読み下さい。

4.整骨院や整体に行っても改善しない・・・なかなか良くならない・・・再発させたくない・・・という方!仙台で整体を探している方はたく河原町整体院にお任せ下さい!24時間受付の予約フォームよりご予約が出来ます。

   もくじ

五十肩の症状

22307931_s

よく四十肩と五十肩の違いは何ですか?と聞かれることがありますが呼び方が違うだけで同じものを指します。40代~50代に多いのでそのように言われていて、五十肩は可動域が制限されるものが代表的です。例えば手を上げる際に90度以上挙がらない、後ろに手を回してエプロンをつけるような体勢をとれない、頭の後ろに手が回らない、一定の角度は痛くなく挙がるんだけど徐々に挙げていくうちに痛い角度が出てくるなどがあります。初期の頃は痛くてジンジンして夜が眠れないという時期もあります。

五十肩には3つのステージがあります。

1.炎症期

2.拘縮期

3.回復期

炎症期は寝返りが出来ない、寝る際に角度を変えると痛い症状になる事がことが多いです。詳しくはお悩み別コース紹介の四十肩・五十肩をご覧下さい。

五十肩の原因は?

肩関節周囲炎

五十肩の原因は解明されておらず、なぜ起こるのかが分かりません。ただ確実に肩関節周囲には炎症が起こります。具体的には肩関節の中の滑液包が摩擦して炎症を起こします。それがどんどんひどくなっていくと強い痛みになっていくのです。つまり肩の滑液包に負担がかからないようにバランスをとっていくことがとても大切になります。

症状の出方としては急に痛くなるというよりも徐々に痛くなって大きな痛みに変わっていきます。痛みがひどくなる前に整体院や自宅でケアをしていくと痛みのピークが短くて済みますし経過が良く、回復期に入るのが早くなります。

痛みのピークを越えると肩が動かなくなってくるので、その際は運動療法を取り入れて積極的に動かしていくことが大切です。

一般的な治療方法

「放っておいたら勝手に治ったよ」と言われませんか?これを直訳すると「治った」のではなく「痛みが取れた」という意味です。痛みが取れても可動域が減少していたら日常生活に支障をきたしたままになりますし、動かない肩を庇って違うところに負担がかかり、別の部位が痛くなるというケースもあります。痛みだけではなく根本から体を良くすることが今後の日常生活を大きく変えます。

1.安静

4406764_s

急性期は三角巾やアームストリングで腕を吊って安静にします。「動かさない」ようにして炎症期が終わるのをひたすら待つという方法です。日常生活で動かす気が無くても、ついつい動かしてしまい「痛い!」となる場合があります。動かすと炎症が長引いたり悪化するので、吊ることで安静を保持するとともに筋肉が弛緩するので少し楽だと感じる人もいます。

2.注射

1285674_s

炎症を抑えるために注射を行います。肩関節の狭い空間の中を狙って注射を刺すため正確性が必要です。最近では精度を上げるために超音波画像を見ながら注射を刺すということが増えてきているようです。画像を観察しないで刺す場合の成功率は40%~50%という報告もあるようです。

●ステロイド注射

痛みと肩の固まった動きを軽減する効果があると報告されています。五十肩の初期の段階で注射を受けると効果が高くなるという報告もあるようです。

●ヒアルロン注射

関節内には関節液で満たされていて、摩擦を防ぎスムーズに関節を動かすことが可能になります。様々な原因で関節に負担がかかり続けてしまうと、関節内で摩擦が生じて軟骨がすり減ってしまいます。この関節液や軟骨にもヒアルロン酸が含まれています。ヒアルロン酸注射の目的は関節内の動きを良くする、衝撃を吸収するなどの働きがあります。

3.運動

28798105_s

肩を動かして可動域の改善に努めます。関節内で組織が癒着している、筋肉の動きが悪いなどで肩の可動域が狭まっているので広げていきます。五十肩による動きの制限は日常生活に大きな影響が出ます。服を着る、洗濯を干す、高いところから物を取るなど様々な動きが制限されてしまいますので動かして可動域を回復させます。

五十肩に類似したものがあります

五十肩と類似した症状が沢山あるので一般的な治療法と合わせていくつかお伝えしていきます。

1.上腕二頭筋長頭腱炎

23260194 (2)

上腕二頭筋は二手に分かれて肩甲骨についています。それぞれ短頭と長頭という言い方をしますが長頭腱に炎症がでたものになります。長頭腱炎は使いすぎによって摩擦が起こり炎症を起こします。具体的には重いものをよく持つ方、野球、テニス、バレーなどのスポーツでよく見られます。

症状としては肩の前側の痛み、肘を伸ばして物を持ち上げるのが辛い、手が後ろに回らない、投球動作やサーブを打つときに痛い、何もしなくても肩の前面がジンジンするなどの症状がでます。

治療方法は超音波治療や電気治療を行います。また症状が強い場合は注射を打つこともあります。

2.肩峰下滑液包炎

23739095

肩の使い過ぎや無理な力が加わることで肩峰と三角筋の間の滑液包が炎症を起こします。また姿勢の悪さも起因しています。症状は突然出るのではなく徐々に出てきて慢性化に移行していきます。

症状としては肩の前外側がにて動かすことにより痛みが増します。肩の痛みや拘縮があり、肩の動きが悪くなっていきます。腕を上げる動作が困難になり、寝ている間や夜間に痛みが出る夜間痛というものが発症するのが特徴的です。

治療方法は薬物療法やステロイド注射をすることがあります。その他に冷却をして炎症を抑えたり温めて血流を良くして筋肉の緊張をとって痛みを和らげる方法があります。

それでも良くならないものにたいしては手術をすることがあります。

3.肩関節腱板炎

23320006 (2)

腱板とは4つの筋肉からなります。棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋です。このなかで最も負担がかかりやすいのは棘上筋です。棘上筋は狭いトンネルを通過して肩につくため炎症を起こして腫れる、骨棘(変形による骨のトゲ)などでトンネルが小さくなってしまうと摩擦で炎症が起きます。

症状としては肩を挙げる際に痛い角度がある、夜間痛、力が入らないということもあります。

一般的な治療は消炎鎮痛剤を服用、湿布、ステロイド注射、ヒアルロン酸注射をします。またずっと安静にしていても経過はよくはありませんから少しずつ動かしていくのが大切になります。

4.石灰沈着性腱板炎

23320006 (3)

40~50歳代の女性に多く見られて、リン酸カルシウム結晶が腱板に沈着します。石灰が溜まっていき膨らんでくると徐々に痛みが増していき、破れたときに激痛を伴います。特徴的なのは痛みが強烈でなかなか寝ることが出来ません。

治療としては消炎鎮痛剤が服用されます。痛みが強烈なため、注射を使用することがあります。また発症して時間が経過していない場合は石灰がまだ柔らかいので、針を刺して吸い取ることがあります。

なぜ整形外科や病院で五十肩が良くならないのか?

27118278_s

整形外科に通っていてもなかなか良くならないと言って困り果てて当院に来る方が沢山います。なぜ良くならないのでしょうか?それは次の理由があります。

1.炎症期に対してのアプローチ

2.拘縮期に対してのアプローチ

ステージによってやることを変えなければいけませんが、ずっと同じ治療をする傾向にありますので改善には至らないというのが理由になります。

また筋肉のつき方、その人の骨格によって施術する部位を変えなければいけないこともあります。そこをしっかりと見極めて施術することが大きな分岐点になります。

五十肩の施術方法はステージによって違う

2845349_s五十肩の施術は大きく分けて3つあります。

1.冷却(アイシング)

2.温熱療法

3.運動療法

これらを使い分けて行います。

1.冷却(アイシング)

五十肩の第1ステージである炎症期はアイシングが最も効果的です。このときに無理に動かしすぎると炎症を悪化させますのでアイシングをこまめに行って炎症期を抜け出すことを考えます。湿布というよりはアイスパックを使ってアイシングをすることをお勧めします。

2.温熱療法

炎症期を抜け出したら温熱に切り替えていきます。周囲の筋肉が硬くなって肩関節が動かないようになっているので肩を温めて血流を循環させます。炎症期に温めると熱を持って、寝る際にズキンズキンと痛んでくることがありますので、切り替える時期を見誤らないようにすることが大切になります

3.運動療法

固まって動かない方を積極的に動かすようにします。動かさないように慎重になり過ぎてもなかなか回復期には移行しません。多少痛みは伴いますが積極的に肩を動かしていくと動くようになって行きます。整体院やリハビリだけではなく自宅でも動かしていくことが回復するスピードが上がっていきます。動かしていい時期がありますのでそれを見誤って無理に動かしていると悪化しますので注意が必要です。

運動療法の中にもステージがあります。アイロン体操(肩を振り子のように振る運動)のような軽いものから徐々に肩を挙げるようなものに負荷を上げていきます。これもステージを無視して一気に強くすると炎症期に戻ってしまうことがあります。

たく河原町整体院がおこなう五十肩の施術理論

たく河原町整体院は五十肩の施術が得意です。なぜかというとたく河原町整体院の理論が確立されています。五十肩の施術に関する理論について分かりやすく解説していきます。2つの施術の掛け合わせが大切になります。

1.五十肩にはバランスの調整

2.ステージに合った施術

1.体のバランスを調整

たく河原町整体院は五十肩の施術を得意としています。五十肩が発生する原因は解明されていませんが、姿勢の観点から見ると五十肩になる人は猫背で、肩の高さに左右差が出る人が大半です。しっかりとバランスを取って肩にかかる負担を取り除くことが大切になります。

7072602

上記の絵をご覧ください。肩の高さに左右差がありますが、これだと肩甲骨の高さが右が高くなり、左が下がります。

高くなる側は筋肉が縮んで動きづらくなります。また肩関節の間が狭くなり滑液包の摩擦が起こりやすい状態になると考えます。

一方で左側は肩甲骨も下がっている状態で、筋肉が間延びしています。下がった側の肩甲骨の動きが悪くなり肩が挙がりづらくなります。肩の高さを揃えるためには土台である骨盤から調整することが大切になります。

肩の負担を減らしていくことが五十肩が緩解していくためには必要です。

2.メリハリのある施術を行う

上記の3つのステージ炎症期、拘縮期、回復期に対応した施術を行います。ただ何となくマッサージ、運動療法を行うと回復に向かうどころか悪化させる可能性があります。炎症期にはアイシング、拘縮期、回復期に合わせた温熱、運動を正しく行うことが確実に肩の症状が良くなっていくと言えます。

たく河原町整体院がお勧めするセルフケア解説

たく河原町整体院がお勧めする拘縮期から回復期にかけてのセルフケアを解説します。

1.コットマン体操

コットマン体操

(たく河原町整体院 YOUTUBEより引用)

方法

1.水を入れた500mlのペットボトルを用意します

2.写真のような体勢になり前後にペットボトルを動かします

3.動かす際はペットボトルの重さを利用した振り子運動を行います

4.回数   10回~30回 ※人によって違うのできついと思ったら10回にして下さい

5.セット数 1日で2回

2.外転運動

50肩セルフケア

(たく河原町整体院 YOUTUBEより引用)

1.壁の横に立ち壁伝いに腕を挙げていく

2.少し痛いかなというところまで挙げる

3.挙げたところで10秒キープ

4.下ろす際はゆっくり下ろす

5.10秒休憩する

6.セット数 6回

このようにセルフケアをします。行う際は通われている整体院など専門家に聞いてから行うと安全です。

 

たく河原町整体院で五十肩の施術を受けた方のお客様の声

「右肩の動きが徐々に改善されていきました」

〇何を見て来院して頂いたんですか?
(紹介、HP、チラシ等)

いつも通勤の途中でこちらに整体院があるのを知っていたのですけども、改めてHPを拝見してこちらに来院しようと思って決めました。

○来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

肩がもうずっと挙げられない状態で痛みが続いてまして、段々そのうちに今度後ろに腕が回らない状態になって、症状が悪化していってしまったものですからそれを何とかしたいと思ってこちらにお世話になることを決めました。元々肩こりとか腰痛とかがひどい状態だったのでそういったものも合わせて見ていただけるところがあればいいなと思っていたところでした。

〇お悩みを解決するためにどこかに行かれてきましたか?
(他の整体院に行っていた等)

今まで整体は受けたことが無かったので初めちょっと不安には思っていたんですけども、HPを拝見してここだったらと思って受けることを決めました。

〇施術を受けられてどのような変化がありましたか?

一番症状が強くてなんとかしたいと思っていたのは右肩だったんですけど、初めは腰とか、それ以外のところもバランスを取りながら施術していきますということで、実際に見て頂いたんですけど、だんだん腰が軽くなったり自分でも歩いていて足がくじきやすかったというのがあったんですけど、そういったものもなくなったりしてバランスが整ってきているなと言うのを実感できるようになってきました。あと右肩も徐々に通院しているうちに動きが改善されてくるのが実感できるようになりました。

〇同じような症状で悩んでいる人に向けて一言メッセージをお願いします

私も初めて整体を受けるということで不安で、なかなかちょっと踏ん切りがつかなかったんですけど、実際こう通ってみて結構長い期間お世話になっているんですけども、自分の体を改善するっていうのがすごく実感できたので悩んでいる方がいらっしゃればぜひ早めにかかることをオススメします。

(T様 50代 女性 仙台在住)

※効果には個人差があります

 

「肩甲骨周りの痛みもなくなり腰痛も改善されました」

〇何を見て来院して頂いたんですか?
(紹介、HP、チラシ等)

ホームページで検索した結果、こちらの整体院がヒットしましたので来院しました。

〇来院される前はどんな症状でお悩みでしたか?

慢性的に肩甲骨周りが痛くて、たまたま夜も眠れないくらい、また朝起きた時には腰が痛くなるような、日常生活に支障をきたすような日々がありました。

〇お悩みを解決するためにどこかに行かれてきましたか?
(他の整体院に行っていた等)

職場の近くにある整体、鍼を行うところに行ってマッサージや鍼を受けることがありました。

〇他の院と当院では何が違いましたか?

他のところではマッサージを受けて、鍼を受けて終わりだったのですが、たく先生のところどうしてそういう症状になっているのか、またそれを治すにはどうしたらよいのかとその段階で説明して頂き、だいたいどのくらいで治るのか計画的に回復への道しるべを立てて頂くことが出来ました。

〇施術を受けられてどのような変化がありましたか?

施術を受けた結果、慢性的に痛かった肩甲骨の周りの痛みも無くなり、また腰痛も改善されました。その後どういった生活をすれば予防していけるのかということも教わり、今でもそのような症状がなくより良い生活が送ることが出来ております。

〇同じような症状で悩んでいる人に向けて一言メッセージをお願いします

どんな痛みでも原因があると思います。その原因を探すためにもたく先生に相談して頂いて、まずこちらに来て頂くと良いと思います。

(ムラオカ様 40代 男性 仙台在住)

※効果には個人差があります

POINT解説(まとめ)

ここからは本記事の内容をまとめたものになります。簡潔に理解したい、頭の整理をしたいという方はぜひご活用下さい。

1.五十肩はどのような症状?

初期の頃は徐々にジンジンして夜に眠れなくなります。主に後ろに手を回す動作が制限されます。

POINT解説

五十肩は主に炎症期、拘縮期、回復期の3つのステージに分けられます。

2.一般的な治療方法

安静、注射、運動が主なものになります。

POINT解説

治ったというのは可動域の制限がなくなったものを言います。痛みが取れても可動域が制限されると他のところに負担かかり痛くなることがあるので根本から改善していくことが大切です。

3.五十肩に類似したものがあります

上腕二頭筋長頭腱炎、肩峰下滑液包炎、肩関節腱板炎、石灰沈着性腱板炎

POINT解説

すべて覚える必要はありませんが自分が今どれなのかを把握して対応しましょう。

4.整形外科や病院で治らない理由

炎症期と拘縮期では対処の仕方が違うのにずっと同じ対応をするので回復期に移行することが出来ません。

POINT解説

その人の体によってはアプローチするところが変わります。治療や施術の前の分析が大切になります。

5.五十肩のステージ別の対応方法

①炎症期 冷却

②拘縮期 温熱療法 運動療法

POINT解説

ステージに合わせて対応することで回復期を迎えることが出来きます。

6.たく河原町整体院の五十肩施術理論

五十肩のステージに合わせた施術に加えて、肩の高さを揃えるなど体のバランスを調整して肩の負担を減らします。

POINT解説

肩だけを見るのではなく全身の体のバランスを見て体のバランスを整えるのが大切です。

7.たく河原町整体院がお勧めするセルフケア解説

上記記載がありますので上にスクロールしてご確認下さい。

五十肩のPOINT解説でした。この後に五十肩のお客様からよく頂く質問集がありますのでそちらも併せてご覧下さい。

五十肩のよくある質問 たく河原町整体院

29137573_s

よくある質問をまとめました。ぜひご参考下さい!

1.友人に動かした方が良いと言われましたがどうですか?

ご自身がどのステージにいるかによります。炎症期に動かしてしまうと悪化します。これに関しては自分の感覚ではなくプロの専門家にアドバイスを受けることをお勧めします。

2.テニスボールでぐりぐりするのはいかがでしょうか?

当院ではテニスボールはお勧めしていません。やってはいけない時期にぐりぐりすると悪化する可能性がありますし、ポイントがずれたら効果を得ることが難しいからです。五十肩と言ってもタイプによっては狙う筋肉が変わってきます。また強い力でぐりぐりしても筋肉を傷めるだけになります。

3.ステロイド注射をすると楽になると聞きますがどうでしょうか?

痛みを取るという意味では効果を発揮することがあります。しかし繰り返すと組織が弱ってくるとも言われているので、治りにくくなり施術にも影響が出る可能性があります。当院がお勧めするのはやはり根本から五十肩を良くしていくということをお勧めします。

4.湿布はした方がいいですか?

当院がお勧めしているのはアイスノンを使ったアイシングです。但し炎症期のみに使用します。炎症期は熱を持つのでアイスノンを使って熱を取っていきます。湿布でも構いませんが、かぶれやすい、ずっと湿布をしていると熱がこもって温まるなど逆効果に働くことがあります。アイシングを行う際は保冷剤を使うと凍傷を起こす可能性があるのでアイスノンで行うと良いです。炎症期が過ぎたら冷やすのはお勧めしません。

5.炎症期に積極的に運動しても大丈夫ですか?

1でもお話したように悪化する恐れがありますし、回復期の予後の悪さにもつながる可能性があります。必ず炎症期が落ち着いたら行いましょう。

 

外観

 

店舗名 たく河原町整体院 若林区本院
営業時間 月・火・木・金
10:00~14:00/16:00~20:00

水 16:00~20:00
土 10:00~14:00

定休日 日曜・祝日
住所 〒984-0805
宮城県仙台市若林区南材木町92-2 南材ビル1F
【MAPはこちら>】
交通 「河原町」駅 徒歩1分
駐車場  あり
※車でお越しの際は店舗前の駐車場をご利用ください。店舗前の駐車場に停められない場合は店舗近くの南材木町小学校隣の三井のリパークか当院の西側にあるD-Parkingにお停めください。どちらも提携駐車場です。
電話番号 022-721-0224

キャンペーン

 

4月18日までに
\ ご予約の方に限り /

 

根本原因改善
整体コース

初回2,980円(税込)
※初検料1,620円+通常1回6,480円
=8,100円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと5名

※全て税込価格

 

tel:0227210224
予約フォームLINE

マップ 

 

本当に多くの
お喜びのお声

いただいています

 

「長年の右肩甲骨痛が無くなり睡眠がとれるようになりました」

〇何を見て来院して頂いたんですか?IMG_20231201_194158
(紹介、HP、チラシ等)

近所の為、散歩の途中に気になり来院

〇来院される前はどんな症状でお悩みでしたか?

腰痛、右肩甲骨、姿勢の悪さ

〇お悩みを解決するためにどこかに行かれてきましたか?
(他の整体院に行っていた等)

何件か同様の整骨院に通院しました

 〇他の院と当院では何が違いましたか?

最初のカウンセリングや検査後の説明においても他院とくらべてとても丁寧で素人の私でもよく理解できました。

〇施術を受けられてどのような変化がありましたか?

姿勢が良くなったことはもちろん、長年右肩甲骨痛ににより睡眠がとれていなかったのですが、現在は無くなり、体の歪みにより無意識に足を組んでソファーに座ることが多かったのですが今では一度もありません。

〇同じような症状で悩んでいる人に向けて一言メッセージをお願いします

間違った知識や施術により体に負担がかかる前に是非とも先生方に相談なさって下さい。

(YY様 50代 男性 仙台在住)

※効果には個人差があります

 

P-310           この記事の監修

         石倉拓哉

     柔道整復師 カイロプラクター

施術歴20年の経験豊富な技術でメディア掲載多数。同業者の推薦も多く、技術指導や外部で健康セミナーを開催して講師として参加する経験もある。マッサージなどのその場しのぎの方法ではなく「症状の原因を施術する」という体のバランスを見る骨格構造理論を基に根本から施術していき、お客様の口コミも数多い。                     

                                プロフィールはこちらから

仙台市で人気の「たく河原町整体院 若林区本院」 PAGETOP